静岡森紙業株式会社浜松事業所
企業情報 トピックスat chuen


静岡森紙業株式会社は、段ボールの生産量で国内トップクラスの森紙業グループの中にあって、東海エリアを全てカバーしている中核事業所です。磐田市に工場を持ち、地域密着型企業として発展しています。 
 

■-- ニーズに応える地域の製販拠点。信頼と実績のレールでつなぐ         全国ネットワーク!!

写真1北海道から九州まで、全国に展開する森紙業グループは、分社経営と現地主義という2つの大きな特徴があります。分社化することによって幅広い権限を各工場・支店に委譲し、ほとんどの業務を現地で責任を持って即決即断する――そんなフレキシブルな経営形態をとることで、すばやいレスポンスときめ細かな顧客サービスを実現しています。さらに森紙業グループ最大の特徴といえるのが、ネットワークの強みです。各拠点はひとつひとつ独立してながらもグループ全体の代表窓口としても機能しているのです。万が一自然災害などのトラブルが発生した場合でもグループネットワークをフルに活用し、全国レベルでスケールメリットを発揮。段ボールであれ、紙器であれ、包装紙であれ、あるいは原紙販売であれ、紙に関わるトータルなサービスの提供が可能です。
 

■-- 磐田市にある浜松事業所は、平成7年11月に生産を開始した工場

写真2 段ボール生産ライン。それは段ボールシートを作り上げるコルゲートマシンをはじめ、フレキソフォルダーグルアー、ボブストなど、複数の専用機が効率よく結合された有機的システムといえるでしょう。膨大な数の仕様ごとに、品質・価格競争力に優れた製品を納期に合わせて生産するには、これら生産システムと原材料をいかに管理・運用するかが重要になってきます。
 磐田市にある浜松事業所は、森紙業グループの各工場の中でも平成7年11月に生産を開始した工場です。お客様の段ボールの仕様は全てコンピュータにより管理され、注文をいただくと直ちに生産に必要な指示が展開され、各ラインへの製造指示がなされます。工場内は自動搬送ラインが完備され、各機械は驚くほどの少人数で運転されており、最高品質の価格競争力のある製品が次々と生産されています。

■代表者氏名
代表取締役社長 丸山 純
■創業年月日
1890年
■設立年月日
2007年3月22日
■資本金
1,100万円
■売上高
48億7270万円(平成28年3月)
■従業員数
90名
■平均年令
38.8歳
■事業内容
段ボール、段ボール箱及び板紙製容器の製造・加工・販売
■事業所
浜松事業所浜松工場
■主要取引先
テルモ株式会社/三菱電機株式会社/ホクト株式会社/株式会社紀文食品/全農/静岡県経済連
■関連会社
森紙業株式会社/森紙販売株式会社
438-0216
静岡県磐田市飛平松203番地
TEL.0538-66-0043
FAX.0538-59-2038

お問い合わせはこちら


http://www.morishigyo-gr.co.jp/

 静岡森紙業株式会社浜松事業所